登山案内

鳳凰小屋への主要登山ルート

※この山行図はデフォルメされています。必ず、正確な地図をご確認下さい。

#

鳳凰小屋を拠点とするコースタイムの目安

※コースタイムはあくまでも目安です。休憩などその他の時間は含まれていません。無理のない山行計画を心がけましょう。

御座石コース

御座石鉱泉から鳳凰小屋まで標高差約1300mあるが、旭岳、燕頭山までの急登を上りきると後は緩やかな登りとなり、富士山、甲斐駒、八ヶ岳を眺めながらの楽しい登山となる。うっそうとした森の中、巨木も多く、苔むした岩の自然の庭園も素晴らしい。咲く花の種類も多く、初夏にはオサバグサ、コイワカガミ、 7〜8月にはセンジュガンピ、レンゲショウマ等、あげたらきりがない。このコースの良さは登山道が歩き易く、よく整備されており、道に迷うこともない。初心者と経験者を比較しても、かかる登山時間に大きな差はなく、鳳凰小屋まで辿り着くことができる。

ドンドコ沢コース

青木鉱泉から鳳凰小屋まで標高差は約1500mあるが、南アルプスの原生林に覆われ、ドンドコ沢にかかる南精進ヶ滝、白糸の滝、五色の滝の景観が素晴らしく、美しい渓谷である。だが、道が険しく急登が続き、沢を横切る度に下るところが多い。一般的にこのルートは上りとして利用するといいだろう。

中道コース

青木鉱泉から薬師小屋まで標高差約1700m。人工林の中を登るので、景色を楽しむことはあまり期待できない。登りのコースタイムはかなり長く、約7時間以上かかるので、中高年の登山者にはお勧めではない。

夜叉神コース

特に危険なところもなく、徐々に高度を上げていく距離の長いコースである。近年の登山事故は下りで頻発していることを考慮すると、急登の少ないこの登山道は下りに利用するのが最適と言える。鳳凰小屋を朝7時頃出発すれば、午後3時頃には夜叉神のバス停に到着できるだろう。

鳳凰小屋から鳳凰小屋分岐点コース

樹林帯をひたすら登る。

鳳凰小屋から賽の河原まで

鳳凰小屋から約1時間。小屋を出て沢を渡り、シラビソの林の中を約40分進むと、初夏はこの辺りにはキバナのアツモリ草が見られる。ここから賽の河原までは砂の登山道で歩き難いがタカネビランジ、ホウオウシャジン等の美しい高山植物が見られ、最後は甲斐駒ケ岳の素晴らしい眺望が待っている。更に進むと5分程でオベリスクの麓に到着することができる。

鳳凰三山縦走コース

南アルプスはもちろん!360°の眺望は圧巻。白い花崗岩と這松の緑のコントラストはまるで日本庭園のように美しい。